日本のお祭りといえば法被(ハッピ)

日本のお祭りの衣装といえば、やはり「法被(ハッピ)」でしょう。法被を着ると一気にお祭り気分が盛り上がりますよね。小さな赤ちゃんから高齢の方まで、幅広い方が着ることのできる衣装なので、一度は着たことがあるという方も多いでしょう。日本らしいものといえば、浴衣や着物などの和装もありますが、着付けが大変なのでなかなか着る機会はありません。その点法被はただ羽織るだけなので、気軽に着用できるところが魅力です。わたしの住む町内でも、毎年秋にお祭りがあるのですが、多くの方が法被を着て参加しています。また、子どもが通う小学校の運動会でも法被を着ておどる学年があるので、わたしにとっては法被はすごく身近な衣装です。お祭りや運動会で法被を着た時には自分で洗濯して返却するのですが、生地の丈夫さにも感動しています。もう何年も着ている物ですが、まったく傷んでいないので、すごいなと毎年感心しています。

祭りを鮮やかに彩るハッピについて

祭りの場で好んで着られるハッピは、祭りという特別なイベントを鮮やかに演出し、参加者の一体感を高める効果を持った特殊な上着です。祭りに参加することになったら、当日はハッピを着て祭りの成功を願い、楽しみましょう。祭りの衣装は普段着と違って年に数回しか着ないものなので、「ほとんど使わないから」と買うことを躊躇してしまう人が少なくありません。そんな人におすすめなのがレンタルサービスです。インターネット上にはレンタルサービスを手掛ける複数のサイトが存在しており、祭りで使われる衣装を格安な料金で貸し出しています。多くのサイトは衣装だけでなく、祭りを盛り上げる屋台や太鼓などの道具も貸し出しているので、祭りの実施に必要な道具はサイトでほとんど揃えることが出来ます。ハッピは複数枚を同時にレンタルすることが可能なので、当日はメンバー全員で着て祭りを盛り上げましょう。

ハッピは既製品も多く出回っています

ハッピは、もともと町内やその祭りの物ということで、独自のものとなっています。代々それを新調して同じ柄のものを作っていくことになります。もしくは使いまわすので、あまり新調することもないです。最近ではスーパーなどで、市販のものも販売されるようになりました。地域色の強い柄ではないですが、それはそれでかっこいい仕上がりになっています。どの家庭も自治体に加入する時代ではなくなってきたので、祭りも誰もがこれを着ることはありです。でも雰囲気を楽しむにはこれを着るのが一番盛り上がります。そういう時に、市販のものは役立ってきます。そろえるのも簡単だし、今ではネットでの販売もしています。少しの人数なら、そろいを作ってみて、毎年お祭りを楽しむという方法も存在します。都会に住んでいるのであれば、この方法で雰囲気を楽しむことができます。

全国の学校様のはっぴを多数製作しております。 弊社でしか販売していない 弊社オリジナルのはっぴが 多数あります。 横浜線鴨居駅 徒歩10分程度の場所に弊社がございます。 はっぴに簡単なプリント入れから生地から染めるフルオーダーまでさまざま加工方法でオリジナルはっぴ製作をしています。 学校様に生徒さん踊り用に長いはっぴが大人気です。 有名企業様のはっぴを多数製作しております。 ハッピ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)